1. ホーム
  2. 家の売却でよくある悩み
  3. ≫離婚で家を売却したいけどローンや連帯保証人の問題はどうする?

離婚で家を売却したいけどローンや連帯保証人の問題はどうする?

結婚して住宅ローンを組んで、めでたく家を買ったけど、数年後に離婚するケースも多いようです。
って、まさにうちがその状況だったのですが(*ノωノ)

離婚する時に家をどうするか?というのは結構重大な問題です。
ましてや、ローンが残っている場合は特に慎重にならなくてはいけません。

※下記も併せて参考にして下さい。
住宅ローンが残った場合は家を売ることができるのか?

離婚が成立する前に売る

どちらかが住み続けるという選択肢もありますが、ローン残債がある場合は、売ってしまうのがベストです。

そして、売るなら離婚が成立する前が良いです。
というのも、離婚して元夫(もしくは元妻)と連絡が取れなくなることも想定されるからです。
悪質な場合は、敢えて行方をくらますということも考えられます。

不動産が共有名義になっている場合、相方と連絡が取れないと売ること自体が難しくなります。
売却の際には名義人全員の同意が必要だからです。

妻が連帯保証人の場合

我が家もそうでしたが、夫名義でローンを組んで、妻が連帯保証人になる場合が多いと思います。

家を精算せず、万が一夫の返済が滞ると必ず連帯保証人の妻に連絡があり、代わりに支払いを命じられます。
離婚して夫婦関係が清算できても、融資は金融機関との契約になるので連帯保証は有効のまま。ということになるのです。

連帯保証人を抜けるにはローンを完済するか、他に連帯保証人をつけるしか手段がありません。

もし代わりに連帯保証人になってくれる人が見付かったとしても、金融機関がそれを受け入れてくれるとは限りません。
むしろ、受け入れてもらえないケースが多いです。

うちの場合、頼むとすれば義父しかいなかったのですが、既に定年退職していてローンを組めない立場だったので連帯保証人も無理でした。
他に保証人になってくれそうな人も思い当たらず、もう完済するしか手段がないという状況でした。

住宅ローンを他の金融機関で借り替えて、新たに連帯保証人を立てる方法もありますが、これも保証人になってくれる人を見つけなくてはいけないので、うちの場合、現実的に難しいと判断しました。

夫か妻が住み続けるか賃貸か?

一番最初に査定をお願いした不動産屋さんは、査定額が低くローン完済できる金額ではありませんでした。

なので、夫が住んで返済を続けることも検討したのですが、いろいろリスクが高いので、やっぱりどうにかして完済して売らなくちゃ!ということになりました。

リスクやデメリット

債務者が夫で連帯保証人が妻の場合。
夫婦どちらかが住み続ける、もしくは第三者に賃貸として貸すケースについて考えてみましょう。

  • 夫が住み続ける
  • 代わりの連帯保証人が見付かり金融機関が認めてくれれば良いですが、基本的には妻は連帯保証人を抜けることができません。
    万が一、夫の返済が滞れば離婚していても必ず妻に連絡があります。

  • 妻が住み続ける
  • 債務者と居住者が異なるため、金融機関の承諾を得る必要があります。
    夫が自分が住んでいない家の返済を必ず続けてくれるとは限りません。
    ローンを滞納して行方が分からなくなるという事例も多いようです。

    また、完済後の不動産名義をどうするか?についても決めておく必要があります。
    もし夫名義のままなら、勝手に売却されてしまうというリスクもあります。

  • 誰かに貸す(賃貸)
  • 第三者に賃貸物件として貸すという方法もあります。
    ただ、転勤などやむを得ない状況ならまだしも、離婚が理由であれば、金融機関から認めてもらえない可能性が高いです。

ローンが残っている状態でどちらかが住み続けるというのは、連帯保証人へのリスクが高いですし、賃貸にするのも現実的に難しそう。
貸せたとしても、ローンの支払いは続く訳で、しかも連帯保証人の立場は継続します。

最悪の場合、競売や任意売却で売れないこともないですが、デメリットが大きいので、それは極力避けたい。
※競売や任意売却については下記を参考にしてください。

やはり、どうにかしてローン完済して売却するのが一番だという結論に達しました。

不動産の無料一括査定

我が家の場合・・・

・貯金を崩して完済できない訳ではなかったのですが、今後の子どもと自分だけの生活を考えると、少しでも現金を残しておきたい
・なんとか、売却したお金で完済できないものか?

そんな時に、不動産の無料一括査定の存在を知り、最初に掛け合った不動産屋さん以外に、更に4社に査定してもらいました。

結局、一番最初に査定してもらったところが一番安く、一番高いところと300万円もの差があることが分かりました。
そして、査定額が高かった不動産屋さんにお願いして、実際に売り出してみた結果、売却益でローン完済できることになりました。

うちと同じようにローン完済が難しくて、家の売却に踏み切れないという方も多いのではないでしょうか。
今後住む予定のない家に対して、預貯金を切り崩して完済するのも、なんとなくバカバカしいですよね。

不動産会社によって家の査定額は100万単位で変わってきます。
なので、一社の査定額だけを見て結論を出すのは早いです。

完済のために預貯金を崩したり、身内から資金を調達する、競売や任意売却を考える前に、不動産の一括査定サービスを利用して少しでも高く売り、完済に近づけるのが得策です。

家の無料一括査定サービスを利用してみた!

我が家は不動産一括査定サイトを利用して1430万円⇒1730万円まで査定額を引き上げることに成功しました

500社以上もの人気不動産会社と提携しているサイトで、一括で最大6社に無料で査定依頼できます。

私が利用した一括査定サイトはこちら
※全国エリア対応なので、市街地だけではなく郊外の家もOKです。

おすすめ!一括査定サービスはこちら