1. ホーム
  2. 家を売るときの疑問点
  3. ≫相続した不動産(家や土地)の売却はどうする?

相続した不動産(家や土地)の売却はどうする?

相続で取得した不動産を売却したいとお考えの方もいらっしゃるでしょう。
既に自分の住まいはあるし使い道もなく、なんとなく放置している・・・という方も少なくないのではないでしょうか。

家や土地は財産になるだけではありません。
放置すると以下のようなデメリットがあります。

  • 固定資産税がかかる
  • 放置する(築年数が経過する)ことにより不動産の価値が下がる

相続した不動産を売る際にかかる税金や節税について

住んでいない家や土地でも、ただ所有しているだけで固定資産税がかかります。
課税される税額は以下の計算式で求められます。
「固定資産税=固定資産税評価額×1.4%」

例えば固定資産税評価額3000万円の不動産を所有している場合、年間42万円もの固定資産税が課税されるということになります。
実際に税額を目の当たりにして売ることを検討されている方もいらっしゃるかもしれませんね。

また、築年数が経過するごとに物件の資産価値が下がるので、いざ売ろうと思った時に安く買い叩かれたり、買い手が付かない場合もあります。なので、できるだけ価値が高いうちに売却するのがベストです。

それに「放置する=メンテナンスされていない家」は見た目も悪くなります。
せっかく内覧者が足を運んでくれても、お断りされる回数が増えるかもしれません。

遠方にある家や土地で、頻繁に足を運んで手入れできない場合は、特に早目に売却を検討された方がいいかもしれません。

相続登記で名義変更する

相続した不動産を売却するためには、相続登記により自分名義に変更しなくてはいけません。

相続登記する期限について、特に法律で定められていないため、相続後も名義人は以前のままになっているケースもあります。売却を検討する場合は、早めに手続きを済ませましょう。

相続登記は自分でもできないことはありませんが、専門知識がないといろいろ調べながらの手続きになり、時間と手間がかかってしまうことも多いので、司法書士、弁護士、税理士、行政書士・など専門家に相談して依頼するのがスムーズです。

依頼する場合の費用は相続の種類によって異なるため、実際に見積もりを出してもらい、比較して決めるといいです。

相続登記にかかる費用
  • 登記事項証明書
  • 書面請求の場合600円。オンライン請求+送付の場合500円。オンライン請求+窓口交付の場合480円

  • 戸籍・住民票・評価証明書
  • 数千円程度(各自治体によって異なる)

  • 登録免許税
  • 不動産の価額×1000分の4

  • 専門家への報酬
  • 5~7万円程度

相続登記が済めば、あとは通常の不動産売却と流れは同じです。

売却の際にかかる費用

相続した家や土地を売る場合も、通常の不動産売却にかかる費用と大差はありません。
実際にどんな費用や税金がかかるのか?以下を参考にして下さい。

譲渡所得税を軽減できる特例について

売却益が出た場合は、譲渡所得税がかかりますが、
相続した不動産を売る場合は相続税の取得費加算の特例を利用することで、譲渡所得税を軽減することができます。

相続税の取得費加算の特例とは

相続税の課税対象となる不動産を相続した後、一定期間内に売却する場合、相続税の税額のうちの一定額を取得費として加算できるため、譲渡所得を軽減できます。

これは相続税と譲渡所得税がダブルで課税される負担を軽減するために設けられた特例です。

相続税の取得費加算の特例を受けるための条件

特例を受けるためには、一定の条件を満たす必要があります。

  • 相続により不動産を取得した本人であること
  • 相続税が課税される本人であること
  • 相続税の申告期限の翌日から3年を経過する日までに不動産を譲渡していること

取得費に加算される相続税額はいくら?

平成27年1月1日以後か、それ以前かによって計算方法が異なります。
詳しい計算式は国税庁のサイトを参考にしてください。

例えば平成27年1月1日以降に相続した不動産の場合の計算式は以下となります。

取得費に加算される相続税額=相続税額×(売却する不動産の価額÷債務控除前の相続税の課税額)

実際に下記条件で計算式に数字を当てはめてみましょう。

相続税額:300万円
不動産価額:1億円
課税額:3000万円

300万円×(1億円÷3000万円)=1000万円となり、
取得費に加算する相続税額は1000万円となります。

無料一括査定で不動産会社を選ぶ

相続した不動産を売る場合は、事前に必ず相続登記が必要になります。
通常の売却よりも手続きが多くなるため、それらを全てサポートしてもらえる仲介業者を見つけるとスムーズです。

不動産屋さんを通して、相続関連の知識が豊富な税理士や司法書士など専門家を紹介してもらえる場合もあります。

まずは無料一括査定で実際に見積もりしてもらい、高い査定額を出してもらえたところへ、相続による売却である旨を話してみましょう。

家の無料一括査定サービスを利用してみた!

我が家は不動産一括査定サイトを利用して1430万円⇒1730万円まで査定額を引き上げることに成功しました

500社以上もの人気不動産会社と提携しているサイトで、一括で最大6社に無料で査定依頼できます。

私が利用した一括査定サイトはこちら
※全国エリア対応なので、市街地だけではなく郊外の家もOKです。

おすすめ!一括査定サービスはこちら