1. ホーム

できるだけ高く売るには?家売却の注意点やポイント

今すぐ売却額を知りたい方は下記へどうぞ

その他の不動産の一括査定サイトを見てみる ※複数の査定サービスを利用して、より多くの会社からの査定結果を受けての比較もオススメです。

家を売る際に一番気になるのが「いくらで売れるのか?」ですよね。

不動産業者に丸投げするのではなく、ある程度自分で知識を身につけた上で、複数の業者へ査定依頼するのがベストです。

なぜかというと、無知な状態で売りに出すと適正な価格、または希望価格で売るチャンスを逃すことにもなり兼ねないからです。

とはいえ、家の売却に関する情報を知らない方がほとんどだと思います。不動産売買のプロでもない限り、家を売るなんて一生のうちに一度あるかないか…ですよね。

そこで当サイトでは、実際に家を売った経験をもとに“できるだけ高く売るためのコツ”をご紹介します。

複数の業者に査定してもらう

家を売るときには1社だけではなく複数の業者に査定してもらうのがベストです。

一番の理由は、依頼する不動産会社によって査定額が異なるからです。

また、担当者との相性も大事です。

大切な家を手離す訳ですから、まずは窓口を広げて信頼できる業者を見つけることも大切です。

複数社に査定依頼して「実際に会って話を聞いてみたい」と思ったところへ、最終的に現地に来て査定してもらう“訪問査定”を依頼するのが良いでしょう。

いろんな不動産会社を知るのにふさわしいのが「不動産の一括査定サービス」です。

一括査定サービスで物件の所在地・築年数・間取りなどを入力すると、該当物件に最適な不動産会社が複数ヒットします。

ひと言に不動産会社といっても、いろんな会社があります。

マンションや家の売買を得意とするところもあれば、賃貸メインのところ、投資物件を扱っているところなど、さまざまです。

一括査定では、売りたい物件に適した会社を絞り込むことができるので、不動産売却に慣れていない素人でも適切な会社を簡単に見つけ出すことができます。

家やマンションの査定に強い不動産会社はこちら

不動産会社を選ぶ

一括査定で複数の不動産会社に査定をしてもらったら、実際にどこの会社に売却を依頼するのか?を決めます。

いったい何を基準に決めるといいのでしょうか?

査定額の決め手を聞き出す

査定額が一番高いところに決めればいいんじゃないの?と思われがちですが、価格だけで決めるのはNGです。

というのも、契約を取りたいがために、何の根拠もなく査定額を高めに提示してくる不動産会社もあるからです。

「なぜこの価格になったのか?」というのを突っ込んで聞いてみて、明確な答えが返ってこない場合は、実際に売る時になって設定価格を下げる提案をされる可能性が高いです。

聞いても曖昧な回答しか得られない場合は、疑ってかかっても良いでしょう。

同じエリアや類似物件の売却実績の有無

例えば、広島県広島市東区の4LDKの家を売りたい場合、同じエリアで類似物件の売却実績があるのかどうか?を聞いてみましょう。

実績があった場合、その件数や実際の売却価格もポイントとなります。

知名度の高い不動産会社を選んでしまいがちですが、地方都市の場合は、名の知れていない地元の不動産会社の方が有力なケースもあります。

同じエリアの同じような物件の売却実績が豊富で、尚且つそこそこの価格で取り引きしている不動産会社には期待が持てます。

知名度だけで決めるのは避けたいところですね。

担当の営業マンとの相性

家やマンションの売却は長期戦になることも多く、担当の営業マンと定期的にやり取りを交わす必要があります。

人と人との付き合いですから、合う合わないが必ずあります。

査定に来てくれた営業マンに、気になることを質問したり、不安に感じていることを相談してみましょう。

それに対して、どのように対応してもらえるのか?もひとつの判断材料になるでしょう。

一生に一度あるかないかの不動産売却ですから、こちらの「高く売りたい」気持ちを汲んで、誠心誠意全力で取り組んでくれる営業マンを見つけましょう。

一括査定は不動産売却の要となる部分です。

その他に売却の際に知っておきたいこと・注意したい点について以下にまとめてみました。

土地と家の価格の相場を知る

家やマンションの適正価格を知るためには、近隣の不動産の相場を知ることが大切です。
相場を調べるのは決して難しくはありません。

例えば、SUUMOなどの住宅サイトの「買う」へアクセスし、「中古一戸建て」⇒「該当するエリア」へアクセスします。

すると築年月・間取り・建物面積・土地面積・価格が表示されているので、ここから相場の目処が立ちます。

売りたい物件と似たような条件の物件が見つかれば、それが一番なので、SUUMO以外にもHOMESやYahoo!不動産、gooの住宅不動産サイトでも同じように、近隣の家の売り出し価格をチェックしてみると良いですね。

知識を身につける

専門的なことは分からないから・・・ということで、不動者会社に丸投げしたくなりますよね。

ただ、少しでも高く売りたいという願望があれば、家を売る際の基本的な知識だけは事前に身につけておいた方がいいでしょう。

売る際には諸費用がかかりますし、場合によっては税金がかかるケースもあります。

また、購入時よりも安い金額での売却となった場合は、税金が戻ってくる場合もあるので、損をしないようにあらかじめ調べておきましょう。

トイレ・キッチン・お風呂など水回りを綺麗にする

買い主が実際に内覧を希望して訪問した際の印象は大事です。

物件価格が相場だったとしても「汚い家」だと、割に合わないとの考えで、候補から外されてしまう可能性が高いです。

逆に、相場より高い価格で売り出していた場合「キレイな家」だと思わせないと、間違いなく買い主は去っていくでしょう。

一番注目されるのがトイレ・キッチン・お風呂場などの水回りです。

手入れが行き届いていないと一番汚れやすい箇所ですね。

建具の傷みや劣化はどうにもなりませんが、掃除だけで済むなら、努力次第でなんとでもなりますからね。

ただ、自分で綺麗にするには限界がありますから、専門業者へ依頼するのも一つの方法です。

家具の配置を考える

空き家にして売り出すなら問題ないのですが、住みながら売りに出す場合は家具の配置にも気を配りたいところです。

ダイニングテーブルやソファー、タンスなど家具が置かれている部屋は、どうしても部屋が狭く感じられます。

少しでも部屋を広く見せるためにも、見学者が内覧に来る前に配置を工夫しておきましょう。

売却の際には、空き家の状態にするのが基本です。

引越し先に持っていくもの以外は、内覧者が見学に来る前に処分することも選択肢に入れておきましょう。

見学者(買い主)にどこまで伝える?

長年住んでいると、いろいろと不具合が出てきますよね。
例えば、ドアの建付けが悪くなる・歩いていると床一箇所「ミシッ」と音が出る。など・・・

こういった不具合は売る立場からすると、できれば隠しておきたいというのが本音ですよね。

ただ、不具合を黙ったまま売却すると必ずトラブル(クレーム)に繋がります。

買い主もこれからそこで生活する訳ですから気付かないはずがないからです。

後々トラブルにならないよう、契約の際に不具合の箇所をきちんと説明し納得した上で購入してもらいましょう。

早く売りたい?納得の価格で売るためには長期戦で

できるだけ高く早く売りたい気持ちは分かります。

ただ、家は一生の買い物。
買い手は、じっくり時間をかけて物件を探しています。

そこにポンと出た物件に飛びついてくれて、よほど気に入ってくれたら条件のまますぐに契約となるでしょうが、相手も学んでいますから条件や価格交渉をしてくる可能性が高いです。

早く現金化したいということであれば、先方の条件を飲んで価格を下げるしかありません。
当然、希望の価格まで下がれば、買い手も喜んで契約してくれますよね。

安くても売れさえすればいいなら問題ないですが、それが本意ではなく「少しでも高く」を優先するのであれば、長期的なスパンで考える必要があります。

家の無料一括査定サービスを利用してみた!

我が家は不動産一括査定サイトを利用して1430万円⇒1730万円まで査定額を引き上げることに成功しました

500社以上もの人気不動産会社と提携しているサイトで、一括で最大6社に無料で査定依頼できます。

私が利用した一括査定サイトはこちら
※全国エリア対応なので、市街地だけではなく郊外の家もOKです。

その他、おすすめの不動産一括査定サービスは?

私が利用した一括査定サービスの他に、実績が豊富で評判のいいサービスを以下にランキング形式で、ご紹介しています。

関東にお住まいなら「ソニー不動産」、主要都市・首都圏にお住まいなら「すまいValue」もチェックしてみて下さいね。

その他の不動産の一括査定サイトを見てみる
※複数の査定サービスを利用して、より多くの会社からの査定結果を受けての比較もオススメです。

マンション売るなら?

マンション高く売るなら【売却のコツ・方法】
※上記は、マンションの売却に特化したサイトです。