1. ホーム
  2. 家の売却でよくある悩み
  3. ≫家を売却で家具や備え付け家電はどうする?

家を売却で家具や備え付け家電はどうする?

自分の家の売却時、今まで使っていた家具の処分はどうするのか、困った経験はありませんか?
自分が使っていたものですから、引越し先に持って行くべきでしょうが、中には不要になったものも結構あるはずです。

ソファーやダイニングテーブルなど大型の家具は業者に頼んで処分してもらうこともできますが、費用のことを考えると嫌になったりします。

かと言って、置いて行くわけにはいかないでしょう。いくらまだ使えると言っても、自分が不要になったものは基本、他人にも不要なものです。売主にとってはゴミ同然のように見えるかもしれません。

以下では家を売却した時に、家具はどのように処理するのが賢いのか、解説していきます。

買主への家具の譲渡

原則的に、家を売却するときは空き家の状態で行なわれます。
使っていた家具類は自分で引越し先に持って行くのが普通です。

また、家を売却する際に、家具類を売買の対象に含めることはほぼないでしょう。
売主側が基本的には引越し先へ持っていって、引き続き使うことが多いものと思われます。

ただし、マンションから戸建てに引っ越したり、その逆であったりする場合には、住居形態が大きく異なるために、家具を処分する必要が出てくるのもまたよくあるケースです。

そのような時には、買主・売主の話し合いで、家具の引き継ぎをすることも可能です。売り渡すのか、タダで譲るのか家具類を一時的に保管する

大型家具を一時的に保管できるスペースを持っているという人は恐らく稀でしょう。
したがって一時的に家具を保管しようとしたら、ふさわしいスペースを借りるしかありません。

使い勝手が良いのがリースのトランクルームです。月割りで契約できますし、許容量も選べて、自分の家具に見合ったものを選ぶことができます。

備え付けの家具の処理

マンショでは、よく照明器具が備え付けになっています。中にはテーブルからソファまでのセットが備え付けられている場合も見られます。

それらは、もともとそのマンションが購入したもので、買主の購入金額には含まれていないのが一般的です。なので、引越しをする際に備え付けの家具を、自由に持って行くことは普通できません。

ただし、長年使って使いごこちが良いなど特殊な事情があって持ち出したいときは、オーナーに相談すると良いでしょう。場合によっては特別な安値で引き渡してくれるかもしれません。

家具を片付けるタイミング、メリット

家を売るときは、掃除は済ませ、家具は片付けておくのが理想です。ここでは家具を片付けておくメリットやタイミングを見ていきましょう。

片付けるタイミング

内見にくる段階では売買金額はまだ決まってないでしょうから、売主としては買主候補になるべく好印象を与えて、なるべく高い金額で契約したいはずです。

そのためには買主候補者が内見にくるときまでには片付けておき、より綺麗な状態であること、より広い印象を持たせるようにしましょう。

片付けるメリット

家具を引き取っておき、いつでも売却可能な状態にしてあるということは、不動産会社に鍵を預けておいて、内見の問い合わせが来たら好きな時に内見をしてもらえるというメリットがあります。

好きな時に内見ができるという点は、買主候補に購入してもらうための一つのアピールポイントになる可能性もあります。

家具の賢い処分方法

引っ越し先の家で引き続き家具が使い続けられれば問題ないでしょうが、せっかく引越して心機一転したいという気持ちもあるでしょうし、大方の家具を処分しなければならないというケースが多くあると思います。

そのようなときに、ただ処分すると業者に出して、いくらか費用が発生してしますでしょう。簡単にできる賢い処分の方法を見て見ましょう。

リサイクルショップに持ち込む

購入したときに近い状態のもの、箱があり、付属品もついているもの、理想的には保証書も付いているものであれば、ものによっては高値でリサイクルショップに買い取ってもらえる可能性があります。

特に綺麗でなくても、非常に安い値段かもしれませんが、買い取ってくれるケースは多いようです。自分で処分するよりもコストはかかりませんし、利用しない手はないでしょう。

大型家具の場合はお願いすれば見積もりに来てもらえるケースもあるので、一度相談してみましょう。

家具専門の買取業者に依頼する

アンティーク家具などは、痛みが結構激しくても買い取ってくれます。というのも、買い取った後に、レストアといって専門家が特殊な加工処理によってまた販売でいる状態にまで復元するからです。自分の目から見たら売り物にならないと思っても、一度相談してみることをおすすめします。

まとめ

以上、家を売却するときの家具の扱いについて紹介してきました。

割と新しく買ったのであれば、冷蔵庫や洗濯機はそのまま継続して使う人も多いでしょう。ただテーブル、ソファーなどは新しい間取りに合わなかったりして、不要になることが多いようです。

そんなときは上に挙げたように、買取してくれる業者に持ち込むというのがいいかもしれません。

家の無料一括査定サービスを利用してみた!

我が家は不動産一括査定サイトを利用して1430万円⇒1730万円まで査定額を引き上げることに成功しました

500社以上もの人気不動産会社と提携しているサイトで、一括で最大6社に無料で査定依頼できます。

私が利用した一括査定サイトはこちら
※全国エリア対応なので、市街地だけではなく郊外の家もOKです。

シェアをお願いします。


おすすめ!一括査定サービスはこちら