1. ホーム
  2. 家を売るときの疑問点
  3. ≫売却前にリフォームした方が高く売れる?

売却前にリフォームした方が高く売れる?

リフォームした室内の方が内覧の時に印象が良くなるため買い手が付きやすく、早く売れるのは事実です。

売ることだけを考えるとリフォームした方が良いですが、せっかく費用をかけて綺麗にしても、それが売却価格に確実に反映されるかといえば、必ずしもそうとは限りません。

リフォーム費用を売却価格で回収できない可能性も

例えば200万円かけて大掛かりなリフォームをしたはいいけれど、売却価格に100万円しか上乗せできなかったら100万円の損失になってしまいますよね。

リフォームにかかった金額を売り出し価格に上乗せしようと思うと、必ず相場よりも高い物件になってしまいます。

リフォームの有無は買主側からすると最初は頭にないので、必然的に高い家という印象が植えつけられてしまいます。

また、買主さんの好みもありますから、売主の判断で大掛かりにリフォームすると、逆に迷惑になることも。
何も手を加えず、その分価格を下げて売って、後で買主さんの好みでリフォームできる方が喜ばれる場合もあります。

傷みが酷かったり、壊れていて住めないような状態なら検討する余地はありますが、そうでない場合は、何も手を加えずその分少しでも安く売り出す方が得策です。

不動産会社に相談する

どんな状態ならリフォームが必要なのか?って私たち素人には判断が付きにくいですよね。

不動産会社なら、過去にリフォーム物件を取り扱った経験があるので、室内の状況を見て適切に判断してくれます。

うちの場合、クロスに目立った汚れもなく綺麗な状態でしたし、畳も琉球畳で張替えの必要はないでしょうとのこと。

ひとまず水回りだけは念入りに掃除して、最終的に引き渡しの際にハウスクリーニングを入れるのを条件に売り出しましょう。と提案してもらいました。

うちはやらなくて済んだのですが、クロスの張替え、畳の表替え、フローリングなど床材の張替えは比較的少額で施工できますし、内覧の時の印象がよくなるため、汚れが目立っていて汚い場合はやっておくと有効です。

実際に不動産屋さんが言われていたのが、多くの家で洗面所やトイレなど湿気の多い箇所のクロスが剥がれかけていたり、傷んでいる場合が多く、気になるところだけ部分的に張替えされるとのことでした。

「高額なリフォーム=高く売れる訳ではない」ので、不動産会社に相談して、具体的に直した方がいい箇所をピックアップしてもらい、資金との兼ね合いも頭に入れて、臨機応変に対応するのがいいです。

売却前リフォームのメリット・デメリットについてまとめてみました。

メリット

・見た目が綺麗になるため印象がよく、買い手が付きやすい
・買主が購入後、リフォームしなくて済む
・リフォームしたいけど、そのための資金が準備できなかったり、ローンが組めない買主に喜ばれる

デメリット

・リフォームにかかった金額分、高く売れるとは限らない
・売り出し開始時期が遅くなる
・自分好みにリフォームしたい買主にとっては逆に不満材料となる

ハウスクリーニング

大掛かりなリフォームは費用対効果が悪く、おすすめされない場合も多いですが、内覧前の念入りな掃除で室内を綺麗な状態にしておくのは必須です。

特に内覧で見られるのはキッチン・トイレ・お風呂場の水回りです。
実際に来られた方みなさん、一番じっくり見られたのが水回りでした。
特に奥様方は念入りにチェックされます。

とりあえずうちは自分で掃除しましたが、引き渡しの際にハウスクリーニングを入れるとお話すると、みなさん喜んでくださいました。

ハウスクリーニングにかかった費用分を特に上乗せした訳でもないのですが、売主としての誠意が伝わり、取り引きがスムーズになると感じました。

ハウスクリーニングにかかる費用は、そこまで高額ではないため検討される方が多いようです。
うちは引き渡し前に行いましたが、内覧前にやっておくともっと印象良かったのかもしれません。

家の無料一括査定サービスを利用してみた!

我が家は不動産一括査定サイトを利用して1430万円⇒1730万円まで査定額を引き上げることに成功しました

500社以上もの人気不動産会社と提携しているサイトで、一括で最大6社に無料で査定依頼できます。

私が利用した一括査定サイトはこちら
※全国エリア対応なので、市街地だけではなく郊外の家もOKです。

おすすめ!一括査定サービスはこちら